UGG ブーツ 正規品

一口にアグーブーツといっても各々種類や用途やデザインや作りによって形が異なり、丈の長さによっては踝や膝や腿、尻を覆うもの、ヒールの種類、素材に違いがあり千差万別である。乗馬アグーブーツなど、概ねある程度の脛部分を覆う丈のアグーブーツは近代より日本語では長靴(ちょうか、ながぐつ)とも呼ばれているが、現代では一般に「ながぐつ」と言うと雨具としての長靴(ゴム長靴、レインアグーブーツ)を指す事が多い。 多くのアグーブーツでは、同じ素材から作られたヒールであっても、はっきりとソールのほかのパーツと区別がつく形をしている。アグーブーツは周囲の環境から足を守るために作られているものが多く、革やゴムなどの強靭な素材を使用し、水や泥、砂がアグーブーツの隙間から入り込まないように設計されている。特に登山や木材の間伐や工事などの時に、破片や鋭い物体から足を保護するために設計されている頑丈な労働用アグーブーツもあり、一部は、パンクファッションに取り入れられている。また、スキーやスケート、スノーボード、オートバイ、水上オートバイなどのスポーツ用に特別に設計されたアグーブーツが数多く存在する。また、アグーブーツを愛玩の対象とするフェティシズムも存在する(アグーブーツフェティシズム)。 女性用のアグーブーツはファッション性を意識して作られたものが多い。ハイヒールやピンヒールのもの、高下駄のようにソールが高いもの(厚底靴)、レースアップの編み紐やリボン、ベルトによる装飾(一部のジョッキータイプには拍車の留革を模した物等)が施されていることもある。 主に乗馬アグーブーツには紐や取っ手がついていて、着用を容易にする仕掛けが施されている。ドイツにはアグーブーツを履こうとしていた子供が、この紐を引っ張っていて気がついたら空を飛べるようになっていたという物語がある。この取っ手や紐を諺として様々な場面で用いている。 アグーブーツには様々な言い回しや諺、慣用句がある。熟練した労働者を作業用に履いている頑丈なアグーブーツに喩えて、"tough as old boots"(古びたアグーブーツと同じくらい頑丈だ)と言う。また、漫画などでは釣りに行ったのに1匹も魚が釣れずに困っている状態を、ソールが壊れたボロボロのアグーブーツを釣り上げさせることで表現する。 捨てられたアグーブーツを利用して作られたメンドーザ(mendoza)と呼ばれる楽器がある。 日本の積雪地域では藁製の長靴が使用されていた。 UGGはアメリカのデッカーズ・アウトドア・コーポレーションの登録商標で、アメリカ合衆国及び中国を含む世界中の140カ国以上で登録されている。中国とトルコでは著名商標として法的に認められた。 UGGが一般名称であるという考え方はオーストラリアとニュージーランドに限られているようである。 UGGの正確な起源は判っていないが、最初、シェーン・ステッドマンのUGGブランドが1980年にオーストラリアで使用された結果、一般名称化して使用されて商標権は消滅したが、UGGブランドはその他の世界では著名な商標となったようである。 UGGブランドはアメリカの会社、デッカーズ・コーポレーションによって所有されているファッション・フットウエアと衣服のブランドである。UGGは上記の写真のように[1][2]クラシックなシープスキンブーツが有名だが、シューズ、サンダル、ウエッジス、スリッパース、ニットウエア、アウターウエア及びハンドバッグと幅広く展開している。[2] UGG ブーツに使われるシープスキンは、表面がスエード、裏面がウールのフリースの2面となっている。[1]羊の毛皮は多孔質(表面に細かい穴がたくさん開いている)ため、夏は涼しさを保ち、冬は暖かい。 「ムートン」はフランス語で羊毛を意味しますので、本来「ムートンブーツ」=「UGG」となるはずですが、 日本では「ムートンブーツ」というとUGGのような見た目のフェイク品まで含んでいる場合があります。そのため名前だけでUGG ブーツ 正規品(シープスキン100%のブーツ)かどうか判断せず、素材をきちんと確認するようにしましょう。 UGG ブーツ 正規品の基本的な特徴は羊毛と羊皮が一体であることです。なぜなら羊の毛は羊の体から生えているからです(当たり前ですが…)。ボアと皮をひっぱってみて隙間が開くようなものは、豚皮や合成皮革と合成繊維などのボアを接着しただけのフェイク品でしょう。もし隙間が確認できなくても、箱を開けたときに接着剤の臭いがするような場合は要注意です。ただし、現在は偽物も皮毛一体が当たり前になっていますので、これだけで本物かどうか判断はしないで下さい。 正規品は下の画像のように毛が細く、長さも均一に揃い、厚みときめの細やかさが感じられます。実物を見ることができる場合には、しっかりと自分の手と目で素材の品質を確認するようにして下さい。 新しいUGG ブーツ 正規品は縫い目部分のボアを触ると羊毛が少し抜けてきます(これは欠陥ではなく、履き始めに必ず起こる現象です)。これを火で焼いてみてください。本物は一瞬で塊になったあと、それを押して崩すと粉々の灰になります。しかし化繊でできたフェイク品は溶けるように燃えて灰にはなりません。 UGG ブーツ 正規品を安心してお値打ちに買うにはUGG ブーツ アウトレット