早漏に効果がある医薬品ポゼット

ポゼットでこっそり早漏を治しましょう!

ポゼットは早漏に効果がある医薬品です。パートナとの性行為に問題がある男性にオススメはもちろんのこと早漏が原因で彼女ができない人でもポゼットを使用し、早漏を解決して彼女を作ることもできるかもしれません。ポゼットの概要について説明していきます。

ポゼットの正しい服用方法

ポゼットはダポキセチンを有効成分にしたプリリジーのジェネリック医薬品で、インドの製薬会社が販売する早漏症の治療を行う際に使う薬となります。服用すると1時間ほどで効果が発現し、性行為に対する緊張や興奮といった気分を静め、落ち着いた状態で行えることから射精がコントロールしやすくなります。効果が持続する時間は5~6時間ほどの短時間作用型となっていて、性行為の始まる1時間前に服用することになります。食事やアルコールの影響は受けにくいので、食前や食後などのタイミングを気にすることなく飲むことができますが、しっかりと効果を期待するのであれば吸収効率の良い空腹時が良いでしょう。お酒と一緒に飲んでも良いですが、なるべく水がぬるま湯で飲むのが理想です。胃の中で一部の薬剤の吸収を阻害するので、間違っても牛乳やヨーグルトなどの乳製品と一緒には飲まないようにしましょう。ポゼットの副作用には、口の渇きなど脱水症状に似た症状が発現することがあります。元から脱水症状の傾向がある時に服用すると、より強い副作用が出ることもあるので、飲む時はなるべく水分を補給できるように、コップ1杯の水を全て飲むようにすると良いです。ポゼットはダポキセチン60mgを含有した錠剤で、通常の成人男性では容量が多い傾向にあります。1日の摂取制限が60mgのため、そのまま飲んでも問題はありませんが、副作用が強く出るおそれがあるので、最初のうちは錠剤を半分に割って30mgから服用するようにしましょう。薬効が不十分で、いまいち効果が実感できないという場合は60mgに増やして飲んでも問題ありません。1度でも使用したら、連続して服用することはせず、必ず24時間の時間を空けて飲むようにしましょう。

ポゼットとプリリジーの違い

ポゼットとプリリジーの違いは、ジェネリックか先発薬かです。いずれもダポキセチンを主成分としており、同様の効果が期待できます。個人輸入なら先発薬も大幅に安くなると考えている方が多いですが、先発薬に関しては値段はほとんど変わりません。相場自体が非常に高額なので、激安で販売することはできないのです。例えば、バイアグラを個人輸入で購入すれば激安になると言われていますが、実際は1,000円以上するのです。激安になるのは先発薬ではなく、あくまでもジェネリックのほうです。先発薬のプリリジーは、1錠2,000円くらいします。ED治療薬で最も高いと言われるシアリスよりも、さらに数百円ほど高くなっています。1回のセックスに2,000円かけるのは、お金に余裕のある方でないと厳しいでしょう。金銭的に余裕のない方は、プリリジーを服用できないことになります。こうした悩みを解消してくれるのがプリリジーのジェネリックのポゼットで、価格は1錠200円~300円に抑えられています。3箱などとまとめ買いをすると安くなり、プリリジーの10分の1で購入できてしまうのです。プリリジーもまとめ買いをすれば少し安くなりますが、2,000円が1,800円になるという程度です。ジェネリックのポゼットの場合は、300円が200円になるというように割引率が大きいです。効果・効能・副作用はいずれも同じですが、先発薬のほうが効くという先入観を持っている方は多いので、効果に差があると感じてしまう方もいます。ただ、気に留めることなく飲んだ場合は、ほぼ効果に違いは出ないと考えていいでしょう。効き目は体調によっても左右されるので、同じプリリジーを服用する場合においても、よく効くと感じるときもあれば、効き目が少し弱いと感じるときもあります。

ポゼットの副作用と薬の飲み合わせ

早漏治療薬として販売されているポゼットは、塗り薬などの男性器の感覚を鈍らせて射精を遅らせるものとは違い、自律神経に作用して興奮を静め、安定した精神状態で射精感を抑える作用を持ちます。有効成分のダポキセチンは、元々抗うつ剤として開発されていたもので、早漏に効果があることから転用された医薬品となります。そのため、短時間作用型SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)がダポキセチンの作用となっていて、短い時間でも人の精神に作用するようになっています。使用した場合の副作用としては嘔吐、下痢、口の渇き、睡眠障害、ふらつき、めまい、頭痛などで、夏場の汗をかくような時期に使用すると脱水症状に似た症状を起こします。SSRIの抗コリン作用によるものなので、長い時間にわたって続くものではありませんが、時には便秘となることもあるようです。また、正常な人がSSRIを使用すると、一時的に精神が不安定になることもあるので、服用して感覚がおかしいと感じたら使用は中止して医師に相談するようにしましょう。当然ながら同じ作用を持つSSRIやSNRI、3環系抗うつ薬などのセロトニン作動性をもつものとの併用は禁止されています。抗真菌薬や抗HIV薬など、強力なCYP3A4阻害薬との併用も禁止されていて、具体的にはケトコナゾール、イトラコナゾール、サキナビル、リトナビル、テリスロマイシンなどです。頭痛薬や点眼薬、風邪薬など一般的に使用されているものに関しては併用に問題はありませんが、何らかの病気の治療中に服用する飲み薬には注意をしておきましょう。併用に不安があるのであれば、かかりつけの医師に相談して服用できるか確認しておくと良いでしょう。